HTML5の宣言文(DOCTYPE宣言)

最近HTML5を使ってコードを書く機会があったので、以後HTML5の記事も書いていく予定。

ということで、まずHTML5を書く上で必要な宣言文(=DOCTYPE宣言)について記述する。宣言文はhtml文書の先頭に記述する必要がある。そのため、htmlタグの前に書く必要がある。

HTMLを書く際には、ブラウザにどのバージョンのHTMLかを伝える必要がある。HTML4.01の場合は

HTML4.01 Strict の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">

HTML4.01 Transitional の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

HTML4.01 Frameset の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">

などと分かりづらかった。

HTML5のDOCTYPE宣言

HTML5のDOCTYPE宣言は非常にシンプル。

HTMLのDOCTYPE宣言

<!DOCTYPE html>

この後にhtml, head, bodyタグなどを記述すればよい。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/html/1187/trackback/