jQuery Visualize まとめ

この記事では、当ブログで紹介した jQuery Visualize の記事のまとめを紹介する。

jQuery Visualize は jQuery ベースのグラフ作成ライブラリである。HTML の table タグを読み込んでグラフ化してくれる。実際には以下のようなグラフが作れる。

jQuery Visualize で作ったグラフ(棒グラフ)

導入から作成まで

jQuery Visualize の導入からデフォルト指定のグラフの作成までは、

jQuery Visualizeで洗練されたデザインのグラフの作成

を参考に。

グラフの種類の指定

jQuery Visualize では、折れ線グラフ(2種類)、円グラフ、棒グラフの計 4 種類のグラフが用意されている。グラフの種類の選択は、

jQuery Visualizeで様々な種類のグラフを作成

を参考に。

様々なオプションの指定

jQuery Visualize では、カラーテーマ、グラフサイズ、グラフ要素の色を指定できるオプションが用意されている。それぞれのオプションは、

【カラーテーマ】
jQuery Visualizeのテーマの指定方法(Dark・Light)

【グラフサイズ】
jQuery Visualizeのグラフサイズの指定方法(width、heightオプション)

【グラフ要素の色】
jQuery Visualizeのグラフ要素の色の指定方法(colorsオプション)

を参考に。

テーブル要素を非表示化

table 要素を非表示にしたい場合もあるだろう。その際には、

jQuery Visualizeでグラフのデータ元である表を非表示にする方法

を参考に。

以上!

関連記事

Web サイトの動くチュートリアルを簡単に実装する方法 ( intro.js )
jQueryの基本的な記述方法(セレクタと命令)
ページのスクロールに対してサイドバーを固定する方法(jQuery、CSS)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/jquery_visualize/2437/trackback/