Xcode の .gitignore 設定

この記事では Xcode の .gitignore 設定を紹介する。

Xcode を用いて iOS 開発する際に、デフォルトの設定では特にチームで開発する際に git の diff にプロジェクト系の不要なファイルや個人設定に依存したファイルが紛れ込んでしまう。

これらのファイルをバージョン管理外にするために、.gitignore を適切に設定する必要がある。

Xcode 利用時の .gitignore

Xcode 利用時には、以下のように .gitignore を設定すると良い。

.gitignore

*.xcodeproj/*
!*.xcodeproj/project.pbxproj
!*.xcworkspace/contents.xcworkspacedata
.DS_Store

これで、不要なファイルの diff を見る必要がなくなる。

以上。

関連記事

Xcode を Vim ライクにする方法 ( XVim )
git branch -a で削除されたリモートブランチを表示しないようにする方法 (git fetch –prune)
Xcode の起動画面が表示されない問題の解決方法(Xcode5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/mac/3029/trackback/