ASO対策 | App Store Optimization

ASO 対策(App Store Optimization)について調べる機会がありましたので記事にする。

この記事の内容は、パワーポイントにもまとめたので、ASO 対策 – slideshareでも確認できる。

ASO 対策とは

ASO 対策とはApp Store Optimization の略App Store でアプリの露出を上げるための施策。検索エンジンに対する SEO と同じようなもの。4

ASO対策

ASO 対策に影響をもたらす 3 要素

以下の 3 要素が重要である。
1. テキスト要素
2. インストール状況
3. 評価

テキスト要素

テキスト要素登録の際に必要な以下の項目の文言によって表示順位に影響をもたらす。
・アプリ名
・キーワード
・説明文
・パブリッシャー名

これらの要素には検索されたい、検索されるであろう文言を設定した方が良い。

※補足として、アプリ名はシンプルに長すぎない名前の方が上位表示されるという話もある。これに関しては真偽不明。

インストール状況

以下の情報をもとに順位づけられる。
・トータルインストール数
・アクティブインストール数
・アンインストール数
・最近のインストール数

最近のインストール数という項目があるのが分かる。これにより、短期的に広告を出して、短期的にインストール数が増えれば、表示順位が急上昇し、上位定着の可能性がある。

評価

以下の項目によって順位づけがされている。
・評価 ★★★★☆
・レビューテキスト

こに関してはひたすらユーザビリティを考える必要がある。

まとめ

・自分のアプリがどんな検索ワードでヒットさせたいか考え、各種項目に盛り込む。
・短期的にでも広告を出すと効果が 見込める。
・ユーザビリティを考えた設計。

関連記事

Xcode4.5 で IB を使用しない「Hello World」プロジェクトの作成方法
EXC_BAD_ACCESS エラーの意味と解決方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/objective-c/1766/trackback/