Xcode4.5 で IB を使用しない「Hello World」プロジェクトの作成方法

iPad、iPhoneアプリのほとんどの入門本で、IB(Interface Builder)を使用したアプリケーションの作成方法が紹介されている。

個人的にはIBを使いたくないので、IBを使用しない「Hello World」プロジェクトの作成方法を紹介する。

今回、Xcode4.5 で作成したが、Xcode はバージョンによって構成が大きく異なることがあるので、4.5 以外の場合には以下のフロー通りに進まない可能性がある。

プロジェクトの作成

まず、xcode プロジェクトを新規に作成。

新規プロジェクトの作成 | xcode4.5
「Create a new Xcode project」をクリック。

テンプレート選択 | xcode4.5
「Single View Application」を選択。

プロジェクトのオプション指定 | xcode4.5
プロジェクト名等の指定。

プロジェクトの保存場所指定 | xcode4.5
プロジェクトの保存場所の指定。

プロジェクトの作成直後 | xcode4.5
プロジェクトが作成された。

HelloWorldViewController.xib の削除

HelloWorldViewController.xib が不要なので、削除する。

xibファイルの削除1 | xcode4.5
HelloWorldViewController.xib を右クリック > Delete を選択。

xibファイルの削除2 | xcode4.5
「Move to Trash」を選択。これで削除完了。

プロジェクトの修正

このままシミュレータを起動するとエラーになる。ここで、HelloWorldAppDelegate.m を修正する。5行目の initWithNibName:@”HelloWorldViewController” bundle:nil を、init に書き換える。

編集前のコード | HelloWorldAppDelegate.m

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    self.window = [[[UIWindow alloc] initWithFrame:[[UIScreen mainScreen] bounds]] autorelease];
    // Override point for customization after application launch.
    self.viewController = [[[HelloWorldViewController alloc] initWithNibName:@"HelloWorldViewController" bundle:nil] autorelease];
    self.window.rootViewController = self.viewController;
    [self.window makeKeyAndVisible];
    return YES;
}

編集後のコード | HelloWorldAppDelegate.m

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    self.window = [[[UIWindow alloc] initWithFrame:[[UIScreen mainScreen] bounds]] autorelease];
    // Override point for customization after application launch.
    self.viewController = [[[HelloWorldViewController alloc] init] autorelease];
    self.window.rootViewController = self.viewController;
    [self.window makeKeyAndVisible];
    return YES;
}

この状態で起動すると、なにも表示されない無の状態のアプリ正常に起動するはず。

Hello World を表示させる

HelloWorldViewController.m の @implementation HelloWorldViewController の後に、以下を追加する。

Hello World 部分のコード | HelloWorldViewController.m

- (id)init {
    UILabel *label = [[UILabel alloc] init];
    label.frame = CGRectMake(10, 10, 100, 50);
    label.text = @"Hello World!";
    [self.view addSubview:label];
    return self;
}

起動する。以下のように無事表示されれば OK。

Hello World プロジェクト | xcode4.5

以上。

関連記事

ASO対策 | App Store Optimization
EXC_BAD_ACCESS エラーの意味と解決方法

コメント

  • 代理を務めます。あなただけのイムかなり特定のIdは公正ショットを持っていることをどこから来たたくさんのことを言います。あなたのブログは、私は人々が文句を言わない退屈することを意味し、視覚的に素晴らしいです。しかし、ビデオやレイアウトを過ぎて見ることができる他の人は文句を言わないこのトピックのあなたの一般的な理解を持つように感動します。

    2015年9月14日 10:48 AM| 【アルミガラスクロス粘着テープ】 ALGC(粘着)シリーズ 「サンタッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/objective-c/1776/trackback/