1年後の自分が見ても理解できるPHPプログラムを書くには

プログラムは他の人が見ても、また一年後の自分が見ても理解できるコードであった方が良い。そのためには、一般的なルールに従ってコーディングするのが良いだろう。PHPのコードを書く際には、Pearの標準コーディング規約を参考にすると良い。

インデントの指定、コメント、命名規則など、一般的な書き方を知ることができる。

インデントでは、Emacs、Vimの設定の仕方にも言及している。

私はVimしか使わないので、以下にVimにおけるインデントの指定方法を記述する。Vimの設定は.vimrcファイルで指定できる。

インデントの指定 – .vimrc

set expandtab
set shiftwidth=4
set softtabstop=4
set tabstop=4

独学でPHPを学んでいる方は、くせがつきやすいと思うので特にお勧めである。

Pear – 標準コーディング規約

関連記事

PHPのことなら「PHPマニュアル」で全て解決!
PHP、Perl、MySQLをローカル環境で動かす(Windows)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/php/1247/trackback/