PHPプログラムの基本(書き方と実行方法)

PHPプログラムの基本として、その書き方と実行方法について記載する。

PHPプログラムの書き方

PHPプログラムは<?php ?>の中にコードを書くのが基本である。「PHPのプログラムは<?php から?>までに書く」という風に考えると良いだろう。ファイル名は拡張子を.phpとして、test.phpなどとする。

今回、「Hello World!」とだけ出力するプログラム(test.php)を作ってみる。

Hello Worldプログラム – test.php

<?php
echo "Hello World!";
?>

このプログラムでは最後の?>を省略できるが、個人的に気持ち悪いので記述しておく。

PHPプログラムの実行方法

PHPプログラムの実行は、ブラウザに表示する場合とLinuxなどのコマンドライン上で実行する場合とで異なる。それぞれについて以下で説明する。

1. ブラウザに表示する場合

まずブラウザに表示する場合は、PHPを動作させられるサーバー上にphpファイルを配置して、そこにアクセスすることで実行できる。レンタルサーバーだとさくらのレンタルサーバロリポップ!などが安く利用できる。ローカルで実行するだけならば、XAMPPなどを利用すると良い。これに関しては、以前書いた記事「PHP、Perl、MySQLをローカル環境で動かす」を参考にしていただきたい。

2. コマンドライン上で実行する場合

コマンドライン上で実行する場合は、phpコマンドで実行できる。以下を実行して「Command not found」などのエラーが出る場合には、PHPパッケージがインストールされていないと思われるので、PHPパッケージをインストールする必要があるだろう。

phpコマンドの実行例

// コマンドの実行形式
$ php test.phpまでのパス

// コマンド実行例
$ php ./test.php

上記どちらの場合にもHello World!とだけ出力されればOK。

関連記事

PHPのことなら「PHPマニュアル」で全て解決!
PHP、Perl、MySQLをローカル環境で動かす(Windows)
1年後の自分が見ても理解できるPHPプログラムを書くには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/php/1331/trackback/