echoとprintの記述方法と違い(PHP)

PHPで文字列の出力する際には通常echoやprintを使用する。今回はechoとprintの違いについて触れる。

echoとprintの記述方法

echoとprintの記述方法は以下の通り。

echoとprintの記述方法

// echo
// 「abc」が出力される。
echo "abc";

// 「主力文字列:abc」が出力される
echo "出力文字列:", "abc";

// print
// 「abc」が出力される。
print "abc";

// $aに1が代入され、「abc」が出力される
$a = print "abc";
// 「1」が出力される
print $a;

echoとprintの違い

1. echoはカンマ区切りで出力文字列をつなげることができる。これに対し、printでは同様の事ができずエラーになる。

2. printは返り値1を常に返すが、echoは返り値がない。printの返り値を返す処理のために、echoの方が処理が早いらしい。printで返り値を使わない場合には(ほとんど使わないと思う)echoの方が良いかもしれない。

関連記事

PHP、Perl、MySQLをローカル環境で動かす(Windows)
PHPプログラムの基本(書き方と実行方法)
PHPのコメントアウトの記述方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/php/1339/trackback/