SOHO体験談 – 案件3

SOHOを始めて3件目の案件。

案件内容と完成まで

今回は、依頼者が運営するサイトのページを1ページ追加するというもので、HTML・CSSコーディングを依頼された。

報酬は5,000円で、完成後の後払い。

当初はコーディングと聞いていたのだが、なぜかデザインもやらされることとなった。デザインは「この(依頼者の)サイトに合うように適当に作ってください」と言われた。

明確な指示がなかったので、数時間である程度の形にして先方に見せると、「サイトのイメージと全く違うから、デザインを作り直してほしい。」とのこと。

ここからが大変で、画像の素材を探したり、やり直しを数回繰り返して、追加で5時間程度要した。支払いは完成後すぐ行われた。

今回の案件で得た教訓

依頼者が完成物をイメージできて、かつ、明確に指示できている場合は指示通りコーディングのみを行えば良い。

しかし、依頼者がサイトの完成物を明確にイメージできていない場合や、イメージはできているがこちらへの指示が適当である場合、完成までの時間は倍にかかる。

そのためHTML・CSSのコーディングと、サイトデザインは別物と考えた方が良い。コーディング専門の方がサイトデザインを担当する場合、コーディングと同程度の時間、もしくはそれ以上の時間がかかることを覚悟した方が良い。

また、サイトデザインまで担当する場合は、画面イメージを作るなどして完成物のイメージを依頼者と共有してからコーディングした方が良いだろう。

関連記事

SOHO体験談 – 案件4
SOHO体験談 – 案件2
SOHOとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/soho/1067/trackback/