Google ChromeをVim的に操作するためのプラグイン「Vichrome」

「ブラウザでの操作はできる限り、マウスを使わずにキーボードで完結させたい」と思っている方は多いのではないかと思う。実際、キーボードで完結させることでかなりの効率化になる。

Google Chromeのデフォルトで用意されたキーボードショートカットを覚えるのも良いが、Vichromeを導入したところ作業効率が格段に上がったので紹介する。Vimを愛用している方にとっては必須のプラグインだと思う。

Google Chromeプラグイン「Vichrome」の導入方法

Google Chromeで以下リンクにアクセス。
Vichrome – Chrome ウェブストア

以下の画像の赤枠部分「CHROMEに追加」をクリック。

Google Chromeプラグイン「vichrome」の導入方法

追加をクリック

Google Chromeプラグイン「vichrome」の追加2

これで有効化されているはず。有効化かどうかの確認はブラウザ右上のボタンから「ツール」→「拡張機能」と選択すれば良い。

Vichromeの使い方

簡単な使い方を紹介する。まず、一番の注意点としては、日本語入力モードになっている場合に以下の操作ができない場合が多いということ。「なんか動かないな」と思ったら日本語入力モードになっていないか確認。

まだ私自身も使い始めたばかりなので、全ての機能を使いこなせてはいないが、現状使用していて役立つと思ったものを以下にピックアップする。

j:下スクロール
k:上スクロール
t:新規タブ作成
Ctrl + h:左のタブへ移動
Ctrl + l:右のタブへ移動
x:タブの削除
/:検索
a:リンクのみ検索
n:検索時に次の候補へ移動
N:検索時に前の候補へ移動
Tab:次のリンクへ移動
Shift + Tab:前のリンクへ移動

以上。

関連記事

Chromeの便利なショートカットキー集
Windows 7のウィンドウ切り替え方法
プログラミングする際にレシピ本や参考書などの本を固定したい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/vim/1721/trackback/