Xcode を Vim ライクにする方法 ( XVim )

この記事では Xcode を Vim ライクにする方法を記述する。XVim というプラグインを導入する事で実現できる。

XVim を導入すると、Vim ライクに操作できる。補完機能はそのまま使えるので、普段 Vim 使いの人にとっては非常に有り難い。

こんなに簡単にできるなら、早くしておけば良かったと後悔するほど簡単に導入できた。以下に導入方法を記述する。

XVim プラグインの導入方法

以下の手順で導入できる。
1. git でローカルに clone
2. clone した XVim プロジェクトを Xcode で開き、ビルド
3. Xcode 再起動

1. git でローカルに clone

ターミナルや iTerm2 等で以下のコマンドを実行。

git でローカルに clone

$ git clone git://github.com/JugglerShu/XVim.git

2. clone した XVim プロジェクトを Xcode で開き、ビルド

Xcode を起動し、 Open Other… から clone した XVim を選択。
xvim の導入方法

Run してビルド実行。
XVim をビルド

3. Xcode 再起動

Xcode を終了し、再度起動すると Vim ライクに操作できる。

以上。

関連記事

Xcode のインストール方法 ( Mac )
Mac で開発環境構築 ( iTerm2 × tmux )
Xcode4.5 で IB を使用しない「Hello World」プロジェクトの作成方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/vim/2720/trackback/