ビットとバイト

ビット(bit)とバイト(byte)は、コンピュータにおいて情報の大きさを表すために使われる単位である。

ビットはコンピュータが扱う最小単位であり、2進数の1桁に相当する。
バイトはビット8個分の単位であり、コンピュータにおいての情報の大きさを表す基本単位である。ファイルサイズの容量を表す際にkB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)[※]のように使われる。

ビットとバイトの関係は、
1バイト=8ビット
と表すことができる。

【※補足】
k,M,G,Tはそれぞれ
k(キロ)=1,000(10の3乗)
M(メガ)=1,000,000(10の6乗)
G(ギガ)=1,000,000,000(10の9乗)
T(テラ)=1,000,000,000,000(10の12乗)
を表す。ここでは2進接頭辞を用いず、SI接頭辞を用いて説明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/words/218/trackback/