SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは

SNS:Social Networking Serviceの略
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、とは、社会的なネットワークをインターネット上で構築するサービス。狭義には、SNSとは人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のWebサービスと定義される。

有名なSNSとして、海外発のものにFacebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Google+(グーグルプラス)、MySpace(マイスペース)などがあり、日本発のものにmixi(ミクシー)、Mobage(モバゲー)、GREE(グリー)などがある。

世界最大のSNSであるFacebookは2011年9月22日、Facebookのユーザー数が8億人を超えたことを発表した。

2012年3月16日には、日本でのアクティブユーザー数は月間1000万人を超えたことを発表した。2011年9月に月間500万人を超えたことを発表しているため、わずか半年でアクティブユーザー数が2倍になっている計算だ。

対して、mixiのアクティブユーザー数は2011年12月時点で約1500万人で、ここ数年アクティブユーザー数の変化は小さい。

今後、mixiのユーザー数を超えていく可能性は高い。

【SNS関連DVD&書籍】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/words/321/trackback/