IPアドレスの上限はなぜ255.255.255.255なのか?

IPアドレスの上限はなぜ255.255.255.255なのでしょうか?それはコンピュータが2進法を使って情報を扱っているためです。

2進法とは、101(10進法の5)や1101(10進法の13)のように、1と0だけを使って数を表す方法です。

ここで255を2進法で表してみます。255は、256(2の8乗)より1小さい数なので、

255=27+26+25+24+23+22+21+20

となります。これを2進法で表記すると、11111111にあたります。

このため、IPアドレスの1つの数字は2の8乗分の情報量をもっていることが分かります。2の8乗と聞いてお分かりの方もいると思いますが、これは1バイト(=8ビット)にあたる情報量です。

コンピュータ上、扱いやすい数字である1バイト(4つの数字で表すので4バイト)を使って、IPアドレスを表した結果、人間には理解しにくい255という数が上限値になったのです。

コメント

  • 2018年2月16日 1:44 PM| 匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/words/392/trackback/