デスクトップアプリケーションとWebアプリケーション

デスクトップアプリケーションとWebアプリケーションの特徴とそれぞれの違いについて。

デスクトップアプリケーションの特徴

1,手元のPCで主な処理がされる。
2,OSの機能を利用して画面表示される。
3,アプリケーションをPCにインストールする必要がある。

例として、Microsoft社のオフィスシリーズやAdobe SystemsのIllustrator,Photoshopなどが挙げられる。

Webアプリケーションの特徴

1,サーバ上で主な処理がされる。
2,Webブラウザ上に画面表示される。
3,アプリケーションをPCにインストールする必要がない。

例として銀行のインターネットバンキング、ネット販売のショッピングカートなどが挙げられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

コメントフィード

トラックバックURL: http://monopocket.jp/blog/words/570/trackback/